「いい音だね!」と言ってもらえるための機材選びと”マインド”作り  ようげんのブログ

こんにちは、ようげんです。

今回は、自分の作った音源がリスナーさんから

「いい音ですね!」

と言ってもらえるような

“ワンランク上”の録音環境づくりと、その際に必要な心がけ(マインド)

について書きます。

[もくじ]

・音に対する感性を育てよ

・クセのある再生機は危険

・百聞は一聴にしかず

実は「オススメのDTMセット教えて!」と何件も要望があったので、最初は”◯万円でそろうオススメDTMセットはこれだ!”みたいな記事を書こうと思ってたのですが、

もうそれは他の人がしこたま書いてたのでやめました(笑

逆に、ワンランク上の機材を選ぶ時の基準となる考え方を書いてる記事は見なかったので、ここではその”マインド”について書きます。

感性が育たないと何が”いい音”か分からない

 自分の中で何をもって”いい音”とするか、つまり感性が育たないと、いつまでもメーカーと販売店の宣伝に踊らされます。
 
 なんで、ワンランク上を目指すなら、最初にアップグレードする機材は”モニタースピーカー“です。

 なぜなら、音の最終的な出口であるスピーカーがある程度しっかりバランス良く鳴るものでないと、何が良い音か分からないからです。

そして、出来れば制作者(ミキサー、アレンジャーなど)が作っている際に近い環境に近づけたい。

良いスピーカーに変えれば、この辺に関してとてもクリアに見えて(聞こえて)来るでしょう。
制作者の意図をリアル感じられれば最高ですね。

クセのあるスピーカーやヘッドホンは危険

 
 おかしなMIXになるだけでなく、耳を壊します

 実際、若くても耳がハイ落ち(高域の音が聞こえにくくなること)してる人も多いです。

 耳がダメになればその後の音楽人生は台無しになります。

 バランスの良い再生機をチョイスするのと、制作中にも適度に休憩を入れましょう。

百聞は一”聴”にしかず

 あえて言い切ってしまうと、ネット上の情報の9割はクソ情報だと思いましょう(広く浅く情報を仕入れることも大事ですが)。

選ぶ際には、実際に聞いてみるのが一番です。

方法の一例をあげると

・試聴できる楽器店に行く

・所有している知人に頼んで聞かせてもらう

レコーディングスタジオを借りてエンジニアに話を聞く
 これはオススメです。実際にスタジオに入れば、機材のことだけでなくいろいろと教えてくれるでしょう。

サウンドハウス等の聴き比べサイト
 どうしても忙しい…という人にはこれ。
 さまざまなモニタースピーカーを”バーチャル試聴”できます
 https://www.soundhouse.co.jp/material/studio_monitor/

 

まとめ

音に対する感性を育てよ

クセのある再生機は危険

百聞は一聴にしかず

極端な話、iPhoneのスピーカーのみで再生されることのみを想定するなら、iPhoneで録ればいい。

しかし、作った音源はあらゆる環境で使われる(イヤホン、ヘッドホン、ラジカセ、カーオーディオ、ピュアオーディオ、はたまた市民ホールやクラブで再生されるかも)可能性を考えるのが、”ワンランク上”を目指す第一歩です。

…しかし具体的にどの機材がいいのよ?と言われそうなんで(笑

この辺はまたの機会に書きたいと思います。
あと、部屋の防音とかもめっちゃ大事なんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。


ブログ更新のお知らせや、特典音源をメルマガにて配信しています。

↓ご登録はこちらから↓




お仕事のご依頼・アレンジのリクエストについて ようげんのサイト

こんにちは、ようげんです。

最近は嬉しいことに音響・演奏関係お仕事の依頼や、
アレンジのリクエストをたくさん頂くようになりました。

今までは直接の知り合いやご紹介で受ける事が多かったのですが、
どなたでもご検討いただけるよう、分かりやすく
依頼方法と料金をまとめました。

E-mail: music_infoアットyohgen-music.com

料金設定について

出来ればお手頃な価格で最高のものをご提供したい、と思いつつ

しかし今まで投資した金額や機材設備のローンを考えると
(学費、トッププロへのレッスン料、楽器、録音機材、自宅スタジオの防音などで
 1千万以上はかかっているので)

安すぎても回らない…、というところで決めさせて頂きました。

ご理解頂けますと幸いです。

※価格は全て税込みです。

また、ご満足頂けなかった場合は全額返金します。

リテイクは納得いくまで何度でも受け付けます。
ただし、アレンジの方針が確定してからの大幅な変更は別料金となります。
(例:スローバラードの方針だったのが、アップテンポのアレンジに変わる場合)

・お支払は、基本的に先払いとなります。
 ※企業様からのご依頼は後払いも受け付けていますので
  別途メールにてご相談下さい。

・ご相談、打ち合わせはメール・スカイプ・LINEなどであれば無料です。
 事務所、カフェなどで打ち合わせたい場合は交通費をご負担願います。

アレンジ依頼

どんな曲でも受け付けます。
そしてどなたでもご依頼いただけます。
既存曲、オリジナル曲、何でもOKです。

録音からMIX、マスタリングまでの1曲完パケの料金です。

・アコギのみのアレンジの場合
 アレンジの方針が確定してから7日納期:48000円
               15日納期:42000円
               30日納期:39800円

※共演者様の手配が必要な場合は料金が変わりますので、
 別途メールにてご相談ください。

・デモ音源制作
 1曲(30秒~1分半):5000円
 ※デモ制作料金は不採用の場合でも返金致しません。

・1~複数トラックのアコギ録音依頼
 データのみ、もしくはCD等の媒体でお渡し出来ます。
 料金はトラック数や曲調にもよるので、別途メールにてご相談ください。 

・過去作品はディスコグラフィーよりご確認いただけます。

レコーディング・MIX依頼

・外部スタジオレコーディング
 10時間まで:18000円 + 交通実費
 (1時間超過ごとに1500円)
 スタジオ代はお客様ご負担となります。

・自宅スタジオレコーディング
 10時間まで:18000円
 (1時間超過ごとに1500円)
 スタジオ代込みの料金です。

・MIX
 1曲(10トラックまで):10000円
  (11トラック以上20トラック未満):15000円
  (20トラック以上):20000円

・マスタリング
 1曲:5000円

REC、MIX、マスタリングをまとめてご依頼頂ける場合は
割引もありますので、別途メールにてご連絡ください。

・過去のお仕事はプロフィールにてご確認いただけます

ライブ演奏・サポート依頼

・1公演5曲までの場合:20000円 + 交通費
    6曲以上:30000円 + 交通費
    12曲以上:40000円 + 交通費

 リハーサルは1回まで無料(交通費別)です。
 2回以上は6000円×回数になります。

その他お仕事実績

今まで実際にご依頼があった案件の一部をご紹介します。

・ビデオカメラのマイクで録った音質が悪くてどうにかしてほしい。
 (復元マスタリング
・音響、宅録、DTMに関してのお悩み解決
 (メール相談、スカイプコンサル)
・音響セミナー講師
 (デジタルミキサーの使い方、ライブ音響・セッション音響ノウハウなど)

他にも音響関係のお悩みご相談を受付中です。

お支払い方法

クレジットカード決済(PayPal)、銀行振込に対応しています。
仮想通貨決済も検討中。
その他のご希望ありましたらご相談ください。

ご相談・ご連絡先

事前のご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

E-mail: music_infoアットyohgen-music.com

LINE@:準備中

岡崎体育さんファンクラブ炎上の件について、経緯のまとめと思うこと ようげんのブログ

こんにちは、ようげんです。

今回は話題沸騰中の「岡崎体育×bitfan」の件について、
経緯のまとめと、ステージの表側と裏側の両方で仕事している立場として思ったことを
書きます。

経緯

いろんな意味で話題になりつづけている(そして時々炎上している)岡崎体育さん。
(私は大好きですが

2/2に自身のファンクラブでの新サービス

岡崎体育×bitfan

を公表しました。

内容はいろいろあるのですが

「”熱量”をカタチにしよう」というのがテーマで、

ファンの”熱量”を計測し、それに応じてトークン(ポイント)を付与

するというのが文字通りポイントです。

画像はオフィシャルファンクラブサイトより

ポイントに応じてウォレットの種類(ランク)が変わるというのがキモで、
それに応じて様々なサービスが受けられるようです。
(「ライブ終演後の楽屋にご招待」など)

ポイントに応じて会員ランクが変わる、というのは国内ではすでにウルフルズなどが導入していてさほど新しくは無いのですが、

Twitterで「指定ワード」をつぶやくと、それに応じてポイントが付与される

というのは面白いですね。
グッズやチケットを購入した時だけでなく、発言もポイント化される仕組みのようです。

ところが、これが炎上してしまったようです。

批判された内容とその後は、岡崎体育さんの公式ブログに記載されてます。

(Twitterでは支持のコメントが多く批判はあまり見つかりませんでした、もう消しちゃったのかもしれませんが)

なぜ炎上したのか

ここからは私の意見ですが、とても面白いサービスだと思いますが

ランクの分け方が露骨すぎた

のかなと。

上の画像の通り、ファンクラブの名前が
Wallets(財布)
な上に、ランク付けが

ワニ革の財布(最上ランク) ~ 塩ビの財布(最下ランク)

と、パッと見で露骨に差別されてる感
(元々のファンから見ればこういうノリが面白くて支持してる人も多いと思いますが)

これが通販サイトとかでよくあるようなランクで
プラチナ会員 ~ ブロンズ会員
だったら、ここまで燃えなかったと思います。

それと、この辺の仕組みの詳細は書いてませんでしたが、
ポイントが減ってランクが下がった時はよりショックかもしれません(笑

業界の実情

上に書いた通り、ポイントによって会員ランクを分けるのは
国内外でも導入しているアーティストはいます。

それと数年前からライブのvip席というのも増えて来ましたね。
内容はライブを最前もしくは特別席で見れたり、
直筆サイン入りグッズがもらえるものが多いようです。

価格は調べた中では2万~15万円くらいのものが多かったです。
本当に好きなアーティストだったらこれくらい出しても見たい!
という方が多いのか、割りと売れ行き好調のようです。

一時期業界の売上全体がガクッと下がったので、
それから各アーティストやメーカー、事務所サイドがあの手この手で
工夫をこらしてますね。

ちなみに、YOSHIKIさんオリジナル・クレジットカードは1万ポイント貯めると
本人に会えるそうです。
(1000円につき1ポイントなので、1000万円)

結論

ビバ差別!
…という言い方はものすごく怒られそうですが、
基本的なサービスは変えずに、オプションでファンが喜ぶような特典を付ける、
というのは両者にとって幸せになれるよい方法だと思います。

グッズやサービス、チケット価格を均一にした所で、結局転売屋が儲かるだけですからね。
それぞれのファンが無理なく出せる分だけ支援する、というのがお互いハッピーだと思います。

今回の件、本人がどこまで狙ったのかどうかは分かりませんが、
これで懲りずにドンドン突き抜けて言ってほしいと思います。


ブログの更新や新着動画、特典音源をメルマガにて配信しています。

↓ご登録はこちらから↓